北海道札幌市の脱毛サロンだけをピックアップしています!!

ミュゼプラチナム

オススメ度:4.5

安心、安全、お手軽価格が魅力の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」。知識・技術・接客などプロフェッショナルの証「JEMエステシャン試験」の合格率は98.3%。脱毛に特化した高技術力でお客様のキレイをしっかりサポート。

ミュゼプラチナムは、手軽に行ける雰囲気が人気。人気がある脱毛サロンだけに予約が取りにくいこともあるようですが、違う店舗に変更して施術が受けられるので検討してみましょう。
勧誘無し・追加料金無し・キャンセル料無し、返金保証付き。

●両ワキとVライン通い放題100円+全身から選べる8ヶ所36000円
●2コース分36,100円⇒100円!(初めての方・web限定)

ミュゼ 全国店舗一覧

ミュゼプラチナム 札幌パルコ店:北海道札幌市中央区南1条西3-3 札幌パルコ DUE館4F
ミュゼプラチナム 札幌中央店:北海道札幌市中央区南2条西3丁目11-5 フェス札幌3F
ミュゼプラチナム JR札幌駅前店:北海道札幌市中央区北4条西2丁目1-1 カメイ札幌駅前ビル4F
ミュゼプラチナム マルヤマクラス店:北海道札幌市中央区南1条西27丁目1-1 マルヤマクラス3F
ミュゼプラチナム 札幌麻生店:北海道札幌市北区北40条西4丁目2-20 麻生むらもとビル2F
ミュゼプラチナム 札幌琴似店:北海道札幌市西区琴似1条4丁目3-18 紀伊國屋ビル3F
ミュゼプラチナム 新札幌店:北海道札幌市厚別区厚別中央1条6丁目3-1 ホクノー新札幌ビルB1F
ミュゼプラチナム CAPO大谷地店:北海道札幌市厚別区大谷地東3丁目3-20 キャポ大谷地2F

エステティックTBC

オススメ度:4.0

エステ業界最大手の「エステティックTBC」。TBCスーパー脱毛、TBCライト脱毛、TBCスーパーライト脱毛により、両ワキ・ひざ下・ひざ上・背中など、各パーツごとの脱毛から全身脱毛まで、豊富な脱毛エステメニューに対応。

独自の2WAY脱毛は、美容電気脱毛と美容ライト脱毛を組み合せることにより、効果的に美肌を保ちながら脱毛。また時間によって金額が決定するため好きな部分を好きなだけ脱毛できる。
各駅近くの店舗が多いのも嬉しい。

選べる脱毛!スーパー&ライト1回体験プラン
はじめて割り価格!11,680円⇒1,000円!(91%オフ)

エステティックTBC 全国店舗一覧

エステティックTBC 札幌店:北海道札幌市中央区南一条西6-1-4 第27桂和ビル5F
エステティックTBC 新さっぽろduo-2店:北海道札幌市厚別区厚別中央二条5-6-3 新さっぽろARC CITY DUO DUO2 4F
エステティックTBC イオンモール札幌発寒店:北海道札幌市西区発寒8条12丁目1-1 イオンモール札幌発寒2F

エピレ

オススメ度:4.0

エステ業界の大手のTBCがプロデュースした脱毛サロン「エピレ」。こんな脱毛が出来たら良いな、というユーザーの声を元にお客様が欲しかった脱毛サロン。ファーストプランはコース全終了まで「期限無し」で満足頂けなかった場合は全額を返金。

エピレは蓄積していたTBCの脱毛データから日本人の女性にあった独自の脱毛マシンを開発。さらに、医師と提携しているので、お客様に安心・手軽に脱毛を受けられる。お得な特典やプランも豊富。

両ワキ脱毛6回:初めて割 期間限定価格500円!

エピレ 全国店舗一覧

エピレ イオンモール札幌発寒店:北海道札幌市西区発寒8条12丁目1-1 イオンモール札幌発寒2F
エピレ IKEUCHI ZONE札幌本店:北海道札幌市中央区南1条西2-9-1 IKEUCHI ZONE 7F
エピレ 札幌駅前店:北海道札幌市中央区北四条西3-1-6 交洋駅前ビル8F

北海道札幌市の概要と特長(WiKi調べ)

札幌市(さっぽろし)は、北海道の市で、道庁所在地ならびに石狩振興局所在地。全部で10個の区を持つ政令指定都市。政令指定都市中では浜松市・静岡市に次ぐ広大な面積を持ち、全国の市の中で4番目の人口を有する。

香港とほぼ同じ面積を持ち、周辺に江別市、北広島市などのベッドタウンを擁し札幌都市圏を形成する。ただし、札幌都市圏のうち札幌市の市域人口がほぼ8割を占めており、周辺自治体への郊外化はそれほど顕著にはみられない。通勤や通学などの日常的な面においても全国の他の大都市圏とは状況が異なり、昼間人口と夜間人口があまり変動しない。一方市の中心部には地下街が発達し、札幌駅前・大通周辺のショッピングエリアには近郊の都市からも人が集まる。その経済圏(道央圏)の人口は340万人におよぶ。

もともと「サッポロ」は現在の豊平川にアイヌの人々がつけた名で、その流路一帯の地名にも転用されたものであるとされる。由来はアイヌ語の「サッ・ポロ」sat-poro(乾いた大きい)であるとする説が有力だが、その意味するところについては「かつての豊平川が乾季に極端に水量が少なくなる川だったため」、あるいは「一帯が乾燥した広大な土地であったため」と意見が分かれる。「サリ・ポロ・ペッ」sari-poro-pet(湿原が広い川)であるとする説は、低湿な豊平川下流部の様子を的確に表しているが、「サリ」あるいは「サル」で始まる表記で記録された書物・地図が見あたらないとの指摘がある。

隣接自治体:石狩市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、小樽市、伊達市、虻田郡喜茂別町、京極町、石狩郡当別町、余市郡赤井川村


大きな地図で見る

このページの先頭へ