宮城県黒川郡の脱毛サロンだけをピックアップしています!!

ミュゼプラチナム

オススメ度:4.5

安心、安全、お手軽価格が魅力の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」。知識・技術・接客などプロフェッショナルの証「JEMエステシャン試験」の合格率は98.3%。脱毛に特化した高技術力でお客様のキレイをしっかりサポート。

ミュゼプラチナムは、手軽に行ける雰囲気が人気。人気がある脱毛サロンだけに予約が取りにくいこともあるようですが、違う店舗に変更して施術が受けられるので検討してみましょう。
勧誘無し・追加料金無し・キャンセル料無し、返金保証付き。

●両ワキとVライン通い放題100円+全身から選べる8ヶ所36000円
●2コース分36,100円⇒100円!(初めての方・web限定)

ミュゼ 全国店舗一覧

ミュゼプラチナム 富谷イオンモール店:宮城県黒川郡富谷町大清水一丁目33-1 イオンモール富谷SC2F

宮城県黒川郡の概要と特長(WiKi調べ)

黒川郡(くろかわぐん)は、宮城県の郡。令制国下では陸奥国(のち陸前国)に属す。 人口92,906人、面積417km²、人口密度223人/km²。(2015年2月1日、推計人口)

以下の3町1村を含む。大和町(たいわちょう)、大郷町(おおさとちょう)、富谷町(とみやまち)、大衡村(おおひらむら)

昭和45年(1970年)に黒川郡の国勢調査人口は戦後最少となるが、この頃から仙台市の郊外化(ドーナツ化現象)進行により、仙台市との境界に近い松島丘陵上に住宅地が造成され始め、郡全体の人口は増加に転じた。昭和50年(1975年)には「仙台北部中核都市構想」が策定され、昭和51年(1976年)12月9日に東北自動車道の黒川郡内区間が開通すると、高速道路に沿うようにして工業団地の造成が始まった。

黒川郡4町村は昭和58年(1983年)に制定されたテクノポリス法により仙台市および泉市(現:仙台市泉区)と共に「仙台北部地域」に指定され、さらに昭和60年(1985年)には同法に基き策定された「仙台北部中核テクノポリス構想」の一部として、「仙台北部中核都市構想」へと位置づけ直された。

隣接自治体:仙台市、黒川郡大和町、宮城郡利府町、黒川郡富谷町、大衡村、大郷町、加美郡色麻町、大崎市、大衡村、松島町、大崎市


大きな地図で見る

このページの先頭へ