埼玉県川越市の脱毛サロンだけをピックアップしています!!

ミュゼプラチナム

オススメ度:4.5

安心、安全、お手軽価格が魅力の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」。知識・技術・接客などプロフェッショナルの証「JEMエステシャン試験」の合格率は98.3%。脱毛に特化した高技術力でお客様のキレイをしっかりサポート。

ミュゼプラチナムは、手軽に行ける雰囲気が人気。人気がある脱毛サロンだけに予約が取りにくいこともあるようですが、違う店舗に変更して施術が受けられるので検討してみましょう。
勧誘無し・追加料金無し・キャンセル料無し、返金保証付き。

●両ワキとVライン通い放題100円+全身から選べる8ヶ所36000円
●2コース分36,100円⇒100円!(初めての方・web限定)

ミュゼ 全国店舗一覧

ミュゼプラチナム 川越店:川越市脇田町18-1

銀座カラー

オススメ度:4.5

創業20年、満足度No.1を追求する脱毛専門サロン「銀座カラー」。
脱毛初心者の方をはじめ、特定の部位だけ選んで脱毛したい、全身つるつるになりたいなど、ニーズに合わせた脱毛プランを多数用意。

若者に大人気の赤ちゃん肌脱毛は、安全で効果の高いIPL脱毛。学割もあり、足腕の脱毛なら銀座カラーが最もお得。社内研修に合格した高い脱毛技術を習得したスタッフが、毛質・肌質に合わせて施術。クリニックとの提携体制により気軽に医師のアドバイスを聞けるのも嬉しいサービス。

全身脱毛し放題⇒2ヶ月分 0円!
さらに無条件で3ヶ月間全額返金保証付き!
他サロンからの乗りかえ割り最大60,000円オフ!

銀座カラー 全国店舗一覧

銀座カラー 川越駅前店:埼玉県川越市脇田町18-1川越駅前ビル 7F

シースリー

オススメ度:5.0

全身脱毛がお得な全身脱毛専門店「シースリー」。全身脱毛専門店でしか実現できないとっても嬉しい低価格設定は、無理なく脱毛ができるように割賦払いや後払いで支払えるシステムがあります。

業界最安値に挑戦!首都圏最大の60店舗に緊急拡大中!
全身脱毛にこだわるシースリーだからこそ実現できたこの低価格・割賦&後払い可能なシステムは、気軽に全身脱毛を無理なくできます。また、無期限施術回数保証やオンライン予約システムなど、他のサービスも豊富です。

生涯メンテナンス保証のプレミアム脱毛 5800円が今なら2ヶ月間0円スタート!

シースリー 全国店舗一覧

シースリー クレアモール川越店:埼玉県川越市新富町2-2-5 マルフジビル3F

ジェイエステティック

オススメ度:4.0

他のサロンと違い、ジェルを使わないが評判の「ジェイエステティック」。ジェイエステは、35年の歴史と実績があるオリコン認定の優良企業サロンで、心からのおもなしを提供。また、納得いくまで何度も通い放題できるコースも嬉しい。

ジェイエステティックは脱毛だけではなく、フェイシャルケアやボディケアにも対応して女性の美を総合的にサポート。また、無料体験などもあって初心者への配慮も忘れない優良企業。各シーズンに応じた割引も実施。

美肌脱毛⇒両ワキ完了+選べる3部位が300円!

ジェイエステティック 全国店舗一覧

ジェイエステ 川越店:埼玉県川越市新富町2-11-6 早川ビル 2F

エステティックTBC

オススメ度:4.0

エステ業界最大手の「エステティックTBC」。TBCスーパー脱毛、TBCライト脱毛、TBCスーパーライト脱毛により、両ワキ・ひざ下・ひざ上・背中など、各パーツごとの脱毛から全身脱毛まで、豊富な脱毛エステメニューに対応。

独自の2WAY脱毛は、美容電気脱毛と美容ライト脱毛を組み合せることにより、効果的に美肌を保ちながら脱毛。また時間によって金額が決定するため好きな部分を好きなだけ脱毛できる。
各駅近くの店舗が多いのも嬉しい。

選べる脱毛!スーパー&ライト1回体験プラン
はじめて割り価格!11,680円⇒1,000円!(91%オフ)

エステティックTBC 全国店舗一覧

エステティックTBC 川越モディ店:埼玉県川越市脇田町4-2 川越モディ5F

埼玉県川越市の概要と特長(WiKi調べ)

川越市(かわごえし)は、埼玉県南西部に位置する人口約35万人の市である。旧・武蔵国入間郡。東京都特別区部への通勤率は16.3%(平成22年国勢調査)。埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぐ第3位の人口を擁する。中核市と業務核都市、保健所政令市に指定されている。

江戸時代には親藩・譜代の川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持つ。城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、文化財の数では関東地方で神奈川県鎌倉市、栃木県日光市に次ぐ。歴史まちづくり法により、国から「歴史都市」に認定されている(埼玉県内唯一の認定)。戦災や震災を免れたため歴史的な街並が残っており、市内の観光名所には年間約620万人もの観光客が訪れる観光都市である。海外の旅行ガイドブックに紹介されることも多く、最近では外国人旅行者が多い(例えばニューヨーク・タイムズ紙の「2009年トラベルガイド」の 川越特集)

寛政年間に焼イモが江戸で大流行すると、新河岸川や入間川の舟運で江戸に出回ったサツマイモは川越芋と呼ばれ「栗よりうまい十三里」というフレーズと味の良さで持て囃され、「イモの町」のイメージも定着した。

地名の直接の由来は平安時代に河越館を構えた豪族河越氏であるが、その由来は古来より諸説ある。

隣接自治体:上尾市、さいたま市、坂戸市、狭山市、鶴ヶ島市、所沢市、日高市、富士見市、ふじみ野市、入間郡三芳町、比企郡川島町


大きな地図で見る

このページの先頭へ