東京都品川区の脱毛サロンだけをピックアップしています!!

シースリー

オススメ度:5.0

全身脱毛がお得な全身脱毛専門店「シースリー」。全身脱毛専門店でしか実現できないとっても嬉しい低価格設定は、無理なく脱毛ができるように割賦払いや後払いで支払えるシステムがあります。

業界最安値に挑戦!首都圏最大の60店舗に緊急拡大中!
全身脱毛にこだわるシースリーだからこそ実現できたこの低価格・割賦&後払い可能なシステムは、気軽に全身脱毛を無理なくできます。また、無期限施術回数保証やオンライン予約システムなど、他のサービスも豊富です。

生涯メンテナンス保証のプレミアム脱毛 5800円が今なら2ヶ月間0円スタート!

シースリー 全国店舗一覧

シースリー 五反田店:東京都品川区東五反田1-12-13 親切堂ビル7F

ミュゼプラチナム

オススメ度:4.5

安心、安全、お手軽価格が魅力の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」。知識・技術・接客などプロフェッショナルの証「JEMエステシャン試験」の合格率は98.3%。脱毛に特化した高技術力でお客様のキレイをしっかりサポート。

ミュゼプラチナムは、手軽に行ける雰囲気が人気。人気がある脱毛サロンだけに予約が取りにくいこともあるようですが、違う店舗に変更して施術が受けられるので検討してみましょう。
勧誘無し・追加料金無し・キャンセル料無し、返金保証付き。

●両ワキとVライン通い放題100円+全身から選べる8ヶ所36000円
●2コース分36,100円⇒100円!(初めての方・web限定)

ミュゼ 全国店舗一覧

ミュゼプラチナム 目黒店:東京都品川区上大崎2丁目16-5 目黒ステーションサイドビル 7F
ミュゼプラチナム 五反田店:東京都品川区東五反田5丁目27-5 5セントラルビル6F

エステティックTBC

オススメ度:4.0

エステ業界最大手の「エステティックTBC」。TBCスーパー脱毛、TBCライト脱毛、TBCスーパーライト脱毛により、両ワキ・ひざ下・ひざ上・背中など、各パーツごとの脱毛から全身脱毛まで、豊富な脱毛エステメニューに対応。

独自の2WAY脱毛は、美容電気脱毛と美容ライト脱毛を組み合せることにより、効果的に美肌を保ちながら脱毛。また時間によって金額が決定するため好きな部分を好きなだけ脱毛できる。
各駅近くの店舗が多いのも嬉しい。

選べる脱毛!スーパー&ライト1回体験プラン
はじめて割り価格!11,680円⇒1,000円!(91%オフ)

エステティックTBC 全国店舗一覧

エステティックTBC 五反田店:東京都品川区西五反田2-7-8 誠實(せいじつ)ビル7F

ジェイエステティック

オススメ度:4.0

他のサロンと違い、ジェルを使わないが評判の「ジェイエステティック」。ジェイエステは、35年の歴史と実績があるオリコン認定の優良企業サロンで、心からのおもなしを提供。また、納得いくまで何度も通い放題できるコースも嬉しい。

ジェイエステティックは脱毛だけではなく、フェイシャルケアやボディケアにも対応して女性の美を総合的にサポート。また、無料体験などもあって初心者への配慮も忘れない優良企業。各シーズンに応じた割引も実施。

美肌脱毛⇒両ワキ完了+選べる3部位が300円!

ジェイエステティック 全国店舗一覧

ジェイエステ 大井町店:東京都品川区大井1-10-3 ボード大井町ビル 4F
ジェイエステ 目黒店:東京都品川区上大崎2-15-14 高木ビル 5F
ジェイエステ 五反田店:東京都品川区東五反田5-27-10 野村ビル5-BF

脱毛ラボ

オススメ度:4.0

全身脱毛の価格ランキング1位の「脱毛ラボ」は芸能人も通う低価格脱毛サロンとして大人気。独自システムにより、予約がほぼ確実に取れることも嬉しい。低価格も魅力的だが、認定証を保有する全身脱毛の専門スタッフも多数いるため信頼性も高い。

脱毛法はS.S.Cを採用。お手頃価格な月額10,000円を切る全身脱毛プランが今とっても注目を集めていて、著名人も多く通い詰めています。実は部分脱毛もお手頃価格なんです。

全身脱毛56ケ所おためしプラン 15ヶ月無料体験! まずは無料カウンセリング予約♪
●実質29,850円の全身脱毛がタダ!!

脱毛ラボ 全国店舗一覧

脱毛ラボ 五反田店:東京都品川区東五反田5-27-3 第二野村ビル6F

東京都品川区の概要と特長(WiKi調べ)

品川区(しながわく)は、東京都の特別区のひとつで、23区西部に区分される。
「東京23区生活実感ランキング2006」(2006年9月HOME'Sリサーチ)で東京23区の中で各区住民による総合満足度ナンバーワンに選ばれた。

日本初のビール工場があったとされ、21世紀になって「品川縣ビール」として復刻版が登場し、街おこしに一役買っている。「品川縣ビール」の工場の存在を発見したのは1989年の品川区提供番組「しながわ探検隊」。

奈良時代、平安時代には既に京都と国府の中継地点やうまやとして機能していたという記録があり、交通拠点となっていたと考えられる。江戸時代には五街道中もっとも交通量が多い東海道の第一宿場として発展していった。

隣接自治体:港区、江東区、目黒区、大田区、渋谷区


大きな地図で見る

このページの先頭へ